●たまの捜査メモ

ここからは、ゲーム終了後の感想です。

そんなかんじで、ネタバレです。
これから、このゲームを遊ぼうと思っている・思っていないに関わらず、
ゲーム未解決の方は、以下を絶対に読まないでください!
未解決なのに読んでしまって、ゲームのオモシロサが半減させられても、私は一切責任を持ちません!

ま、一応、本文は白字にしときますね。
各項目の下の余白に見える部分をマウスでドラッグすると、読めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●未解決の伏線??

が、あると思うんですよねぇ・・・。
とりあえず、思い付くのが、
1.展覧会の記録に、菊池悠の名前があるのは何で?(木島舞子が書いた?)
2.松本圭子の部屋のぬいぐるみの目が光ったのは何で?(ただのギャグ?)
3.松本圭子の服は、どうなったのかな?(???)
()内は、ワタシの想像です。
まあ、いずれも、たあいのないことなんですけどね。
ちょっと、1番のだけは、これのせいで、最後の犯人選択でめちゃめちゃ迷わされたので、はっきりすると良かったな〜。
あるいは、自分の、メッセージの見逃しだったりして・・・(汗)
でも、いちおう、ゲーム2周遊んでるので、それはないと思うんですけどねぇ・・・。どうなんでしょう。

●最初の2択!!

学生証についての、高原の意見を選択するところのことです。
やー、あれはちょっと、ヤラシーんでないかい!?と思いましたよ!!
なーんかラストの犯人選択で、誰を選んでもGAME OVERになるんだよな〜、なんでかな〜?
と思って、なにかヒントは・・・と、公式HPのBBSを覗いてみたら、ズバリなヒントは見つけられなかったんですけど、
どーやら、どうやら最初からやり直さないとならない人がいるらしい、と察しまして。
つーことは、あそこで間違ったか!?とすぐに分かりました。ま、前半の分かれ道っぽいのは、これくらいでしたもんね。

しかし、間違ったまま、最後まで進ませるなんて、ヒドすぎです(泣)。ラストで、バグだと思う人もいるんじゃなかろーか(汗)。
安所くらいの長さのゲームならまあ、やりなおしも許せますが
(てゆーか、2回やったおかげで、各証言がよく飲み込めて、推理しやすくなった(笑))
胎山町でコレやられてたら、キレてたかも!?

●お気に入りシーン

お通夜の時の、高原と木島舞子との対話のシーンで、ピントがしきりに切り替わるトコロ。
コミックメイカーも、あなどれない・・・と思いましたね。こーゆー事もできるのね、と。アイデア次第なんだなぁ。

あと、ちょっとマニアックかもしれないけど
坂本の部屋に捜索に入った時に、どんなに坂本に怒鳴られても動じない高原がお気に入りだったりします。
この、肝の据わり具合が好きですねー。

前にもどる