癒し系マンガ(?)「天然コケッコー」
[00.4.1掲載]

 「コーラス」で連載中のくらもちふさこのまんがです。この人の「海の天辺」とか「千花ちゃんちはふつう」とか好きです。

 とあるいなかの村の学校に通う「美人だけど方言バリバリ」(by森高テニス部女部長)の主人公、そよと、そこに東京から転校してきた、かっこ良い大沢くんほか、取り巻く人々のお話。
 常になんだかゆる〜い空気が流れて、とっても微笑ましい作品です。慌ただしい暮らしに疲れた時に読むと良いかも・・・・(ホントか?)

 ちゅーワケで、主人公が方言バリバリだから、作中のセリフやらモノローグやらも方言バリバリです。注釈がしきりに入る。初めて読む人は、この注釈がないとワケ分からんでしょう・・・(大沢くんのセリフ以外)。
 ワタシぁ、すっかり慣れましたが。この村で生活する自信あり。てゆーか、生活してみたい!
 たまの住んでるとこらへんも、田舎だな〜と思っていたんですが、このまんがを読んでいると、「なーんだ、全然都会じゃーん?」つって胸張れる気がしますね。ははは・・・(渇いた笑)。

 ところで、このまんがはどこまで続くのかな?
 連載開始時の主人公は中2だったけど、今では高2・・・。もうじき大学生になっちゃうんじゃ。そしたらさすがに田舎を出てくだろうから、この作品の持ち味が〜〜とか思うんで、それまでに終わるのかなぁ。
 と考えると寂しいですね。(って、そうと決まったワケじゃ・・・)

この漫画を購入!→
(「天然コケッコー」の購入ページに飛びます)