祝・「ペルシャがすき!」文庫化!
[01.4.19掲載]

 大昔に、「魔法の妖精ペルシャ」てアニメやってたのご存知でしょうか。
 その原作です。
 作者は、青沼貴子。この人の、「ママはぽよぽよザウルスがお好き」(だったかな?間違ってるかも・・)てマンガのキャラクタは、テレビのCMにも出てましたね。皆さん覚えてらっしゃるだろーか・・・。

 内容はですねー、
 アフリカでライオンに育てられた野生少女のペルシャが、日本人の博士に拾われて日本に来て、その超人ぶりでもって、大騒ぎを起こしたり、活躍したりするお話です。ギャグだらけのマンガでした。

 そして、アニメと全然違って、魔法なんか出てこなくて。
 登場人物の名前も、微妙に変わってたなあ・・・。双子の兄弟の名前が、原作では「愛染」と「不動」だったのが、アニメだと「学」と「力」になってた。ま、アニメの対象年齢考えたら、「愛染・不動」はないわね。
 アニメから入ったワタシには、ちょっと衝撃的なくらいアホアホな(失礼!)漫画でしたね。でも、スッゴイ面白いんですよ。思わず、ホロリと来るようなお話もアリ。

 どのくらい昔の漫画かといえば、今は月2回出てるマーガレットが週刊だったころの漫画です。こなみ詔子の「あねさんは委員長」が連載されてたころ!
 そして、ワタシは、おもちゃの魔法のステッキとか買ってもらって喜ぶような年代でした。(ハズかしいわ・・・)
 そおいや、「うっすらパー!」てゆう単語は、この漫画で覚えたっけな。

 えっと、単行本を、全9巻のところ、4巻まで持っていたのですが、小さい頃でしたんで、全巻集めなきゃ!とかいうこだわりもなく、お金も無く。5巻以降を買わないまま、十ン年が経過しました。
 で、ふとある時、急に読みたくなって、持ってる4巻までをひっぱりだして読んだら、腹かかえて笑っちゃうくらい楽しめまして〜!続きを探して、古本屋巡りとかしたときもあったのですが、なかなか見つかりませんでした。
 ところが、先日、何気に漫画の文庫のあたりを眺めてたら、あらびっくり、この漫画があるじゃぁあーりませんか!文庫化ってスバラしい・・・(感涙)。即ゲットでしたよう!で、改めて、爆笑しながら読みました〜〜!

 というわけで、今、この漫画、入手しやすい状態です!
 腹のそこから笑いたい方に、オススメ!

この漫画を購入!→
(「ペルシャがすき!」の購入ページに飛びます)