まだまだ続く、トーン貼り〜〜。
でも、時間はたいしてかかってないですけど。
だいたい、いつも、トーン貼りにかかるのは15分くらいですかねぇ。

それはともかく。
次は、最初のコマのお医者さんの後ろが白いので、
なんか貼ってゴマかそう・・・と思い付きます。
グラデーショントーンでも貼ろうかなあ、とか。
このツールで貼る辺りを選択します。
こんなんで。

グラデーショントーンを貼る時は、プラグインソフトの「Power Tone」が便利なので、
いつもこれを利用します。
集中線とか横に走る効果線とか一部のアミトーンにも使うことあります。

これがパワートーンの画面。(ver.3です)いろいろ試しながら選べて良いです。
で、適当なトーンを選んで、いい角度に傾けたりして、実行。

「Power Tone」を使う時に、画像容量を増やさないようにするコツは、
グレースケールのトーンを使わないことですね。
あと、「ver.1.5」なら、アンチエイリアスを掛けないこと。「コツ」て程のモンじゃないか・・。

ハナシを戻して、
トーンを貼ったら、余分な部分を消しゴムツールで消して、こうなります。

あとは、ワタシ的に気になるとこがないので、まいっか、てカンジでトーン作業終了・・・(アバウト)。

最後にセリフをちゃんと入れます。
薄く残ってるフキダシ内の字を見ながら、入れていきます。
基本的に、口に出して言うセリフは明朝体、モノローグは丸ゴシック。
まー、他に強調したいセリフはいろいろフォント変わりますが。

で、入れました。

あとは、下書きのセリフを白のエンピツツールで消して、とりあえずできあがり。