ネームを見ながら、A4の漫画原稿用紙に下描きします。
A4なのは、スキャナの限度サイズの都合です。
普通の0.5ミリのシャーペンで2Bの芯で描いてます。

このくらいの描き込み具合ですー。
比較でネームと並べてみました。
最後のコマは、次ページへの「引き」にしよう、と、フキダシ位置をちょいと変えてます。
一番外のワク線は、
これはグレースケールで取り込んでるので写りませんでしたが、
原稿用紙に薄く印刷されてるので、下描きサボってます(汗)。

で、これにペン入れして、セリフを残して消しゴム掛けて、フォトショでスキャナから取り込みます。
グレースケール・300dpiで取り込んでます。
これが、ワタシのスキャナのドライバの画面。

この、スキャンの段階で、ちょっとコントラストを強めるように設定してます。(右のほうに調整バーあり)
いろいろ研究してこれが良い!と思ってやってるわけじゃなくて、なんとなく強めてるだけ・・・(いーのかそれで)。
取り込んでから色調補正でイジっても多分おんなじでしょう・・・。

それはそうと、取り込み直後図。

もちろん、これはずいぶん縮小してあります。16%くらいかなあ。
(何しろ300dpiなので、こんな大きさなワケないっすね)
これを、解像度変更したり、余白を切り取ったりして、実際にWEBにUPする大きさにします。
この辺の作業は、アクションに収めてあります。こんなカンジに。

再生ボタンをポチッと押すと、あっという間にトリミングされます。

今度は原寸大です。またまた比較で下絵画像と並べてみました。大きさ違くてスイマセン。
ちなみに、ワタシはWEB漫画では、掛け網とか手書きの模様は一切使いません。
画像容量が爆増するからです。
PCでトーン貼った方が楽だし、断然画像カルくなります。

後は、ちょっと目に付くゴミを消したり、
右下のコマはちょっと目のあたりとか失敗しちゃってるので(夏場はインクの乾きが悪いわー)
それをフォトショで修正したりします。
他に、このページではたまたまありませんが、ベタもこの段階で塗ります。

左が修正後。
右下のコマ以外は大差ないですねー。さあ、どのゴミを消したでしょう(クイズ!?)。

で、これにトーンを貼っていきます。